実習生の「優良受入企業」となるための加点項目について、実習生の住居に関するものが追加されました。

新設されたのは、受入れ中の実習生全員に個室を準備し、なおかつ感染症対策を講じた場合に加点するとされています。実習生自身が賃貸契約をしてアパートなどに居住している場合は、家賃の20%以上を住宅手当として支給することで、加点対象となります。

「優良受入企業」の認定はポイント制となっており、150点満点中90点の獲得が求められています。個室準備・感染症対策を行った場合の点数は5点となっています。