厚生労働省と出入国在留管理庁は10月26日、技能実習の職種に「金属熱処理業」を追加する省令について、パブリックコメントの募集を開始しました。

具体的な作業としては、全体熱処理作業◇表面熱処理(浸炭・浸炭窒化・窒化)作業◇部分熱処理(高周波熱処理・炎熱処理)作業の3つが検討されています。

職種追加時期は2022年11月ごろが予定されいるため、安定して実習生を受入れることができるようになるのは、来年末ごろとなる見通しです。


金属熱処理業の実習生も、当組合から受入れ可能です。
受入れの流れについて詳しくは問い合わせフォームより資料をご請求下さい。