受入可能職種

3年(または5年)実習生を受入れる場合、対象の職種・作業が定められています。
現在の対象職種は下記の表をご覧下さい。(81職種・145作業 令和元年12月現在)

クリックして拡大
今後追加見込みの職種(作業)

令和元年10月 印刷(グラビア印刷作業)
令和元年12月 鉄道施設保守整備(軌道保守整備作業)
        漁船漁業(棒受網漁業)
令和2年1月  化粧品製造(仕上工程管理作業)
令和2年3月  非加熱生水産加工品製造(調理加工品製造作業)
        非加熱生水産加工品製造(生食加工品製造作業)
令和2年6月   RPF製造(RPF製造作業)

受入可能人数

会社の規模によって、下のとおり実習生の受入人数の上限があります。

クリックして拡大

例えば常勤職員が30人以下の会社であれば、初年度に最大3人の実習生を受入れることができます。そして、1年後も最大3人、さらに1年後にも最大3人と、3年間で最大9人の実習生を受入れることができます。
毎年3人を受入れる場合であれば、4年目以降は「3人帰国して3人入国する」という循環になり、9人の受入れを継続することが可能です。