一般的なコミュニティ隔離措置(GCQ)について

GCQ対象地域において5月1日から操業を許可する業種として、サービス業では、不動産(売買を除く)、事務管理・事務支援およびその他の事業支援サービス業、法律および会計、保険、建築およびエンジニアリング、科学および研究開発、宿泊(ただし、海外で就労するフィリピン人の隔離施設としての利用、または医療や生活維持に必要な産業に従事する者の一時的な利用に限る)、ショッピングモールおよび商業センター(ハードウェア、衣類、アクセサリー、余暇以外のショップを含む)、理髪店・サロン・スパおよびその他個人向け美容産業(ただし厳格な健康基準が課される)、四輪車・二輪車の卸売および小売店、建設およびビルド・ビルド・ビルドプロジェクト、林業、出版業、映画・ビデオおよびテレビ番組制作・音声録音および音楽出版業、広告・市場調査業の営業が通常に戻る。