受入れの流れ

以下は技能実習生の受入れの流れですが、入国前の部分については特定技能の場合でもほとんど同じです。
背景を緑色にしている項目は、主に受入企業の対応が必要な項目です。

クリックして拡大

入国前

01、ご相談・お申込

貴社の状況をお伺いし、職種、受入人数、雇用条件等「実習生受入れ」に関してご相談をお受けします。技能実習の制度をご理解頂けましたら、お申込頂きます。

02、現地へ求人

お伺いした内容をもとに募集要項を作成し、現地の送出し機関へ求人を依頼します。

03、現地面接・採用決定

現地で面接試験を行い、採用を決定します。原則として、企業ご担当者様にも参加していただいております。

04、入国前講習の開始・申請書類の作成

「日本語」を中心に「文化・習慣・マナー」等、日本で実習や生活をする上で必要な基礎知識について学習します。

05、機構・入管への申請

入国前講習と並行して入国に必要な書類を作成し、まず外国人技能実習機構へ技能実習計画認定申請を行います。計画が認定されると、入管へ在留資格認定証明書交付申請を行います。申請が許可されると「在留資格認定証明書」が交付され、これを元に実習生が入国するためのビザが本国で発給されます。

入国後

06、入国・入国後講習

入国後は約1ヶ月間入国後講習を実施します。実習生は、日本語、生活ルール、技能実習法や労働関係法などの法律について学習します。

07、入社・実習開始

入国後講習を修了して入社・実習開始となります。役所への転入手続き、銀行口座開設なども当組合にて対応致します。
組合職員が毎月の訪問「訪問指導」と3ヶ月に一回の「監査」を実施し、受入企業と実習生のフォロー、実習状況の確認を行います。

08、技能検定

入国から約7ヶ月後に受検します。合格することで2号(2年目・3年目)に移行することができます。

09、在留資格変更(技能実習2号(2年目・3年目))

在留資格を「技能実習1号」から「技能実習2号」に変更し、2年目の実習が開始します。
3年修了前にも技能検定の受検があります。

10、帰国

技能実習を満了し帰国となります。


▶︎ 新規で受入れを検討中の企業様

こんなお悩みにお答えします!

  • うちの現場で本当に働けるのか
  • 社員とうまくできるだろうか
  • 受入れ体制って??
  • うちの業種で受入れできるのだろうか
  • 費用はどのくらいかかるのか
  • 監理団体(組合)はどうやって選べばいいのか

▶︎ 現在受入れ中の企業様

こんな問題ありませんか?

  • 組合の職員が毎月訪問してくれない
  • 来てくれる人は正規の職員じゃないらしい
  • 問題があってもなかなか来てくれない
  • 実習生との関係が良くない
  • 実習生が真面目に働かない
  • 実習生が失踪した

まずはお気軽にお問合せください。
専門のスタッフがお答え致します。