<ミャンマー当局の空港・国境での対応>
すべての入国者に対し,検疫申告書の提出による検疫を実施。
体温スクリーニング検査で38度以上が確認された場合、保健当局が検査を実施。
咳・鼻水・呼吸障害等の症状がある場合、指定の病院で隔離措置。
(参考:https://www.anzen.mofa.go.jp/covid19/pdfhistory_world.html